城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

コラム&レポート

脱毛のトラブル回避!エステ脱毛被害の現状と対策

 エステティックサロンでのトラブルは、年間一万件を超えるといわれる。その中でも脱毛の被害は深刻だという。 レーザー脱毛だけでなく、電気脱毛、ワックス脱毛などでも被害は根強い。 厚生労働省は、 「医師免許を有しないものがレーザー脱毛やその他の強力なエネルギーを持つ光線を使用した脱毛行為を行うことが医師法に違反する」 との見解(PDFファイル資料)を示している。

脱毛による被害は以下のようなものが存在する。

レーザー脱毛
レーザー照射は出力や照射時間、適切な冷却措置を取らなければ熱傷になるため、医師が取り扱うべき医療行為である。 また、眼の保護や治療機器のメンテナンス、術後の皮膚の保護など、様々な点で細心の注意を払う必要があり、 医学的な知識を持っていなければ対処できないことも多い。
万一、皮膚に障害が起きた時にも医師による適切な措置がなければ跡が残ったり、長期の治療が必要になることもある。
レーザーではないが、フラッシュランプのような光線を使用した治療についても同様である。

電気針脱毛
電気針脱毛に対する苦情も以前から多いという。 やはり皮膚障害と熱傷が殆どであるが、中にはC型肝炎などの感染症、細菌感染、ケロイドなどの深刻な被害もあるという。

ワックス脱毛
ワックス脱毛での被害も報告されている。症状としては、腫れ、アザ、化膿、内出血といったものである。

対策
脱毛は厚生労働省の見解のように、医療機関で行われるべきものであるから、専門の医師の下で治療を行うことが望ましい。 エステで施術を受けるのであれば、副作用が出た時の対応を事前に確認し、使用機種などにも注意すべきである。 できれば、近所での評判について情報を集めておきたい。

万一、トラブルに遭遇した場合は、専門のクリニックですぐに医師の診察を受けるべきである。 施術に限らず金銭的なトラブルも含めて、消費者センター等の 公的な機関にも相談してみるのも解決策として検討すべきである。

関連キーワード
スポンサー