城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

体毛の発育とホルモン
 ホルモンは、人体の様々な機能を調整しているものである。 特に女性と男性の性差に影響を及ぼすホルモンが性ホルモンと呼ばれており、皮膚や毛に強く関与している。

テストステロンを始めとする男性ホルモンは、第二次性徴時に男性の体毛を硬毛化させる役割を持っている。 女性でも男性ホルモンが多く、その刺激を受けやすい人は硬毛化が進みやすい。 逆に、男性であっても男性ホルモンが少ないか影響を受けにくい場合には硬毛化があまり進まない人もいる。

更年期などで体毛が濃くなったりという変化が起こるのも、性ホルモンのバランスの変化によるものとされている。 女性の場合、女性ホルモンの減少に対して男性ホルモンの減少は少なく、その為に硬毛の割合が増えることもある。

性ホルモンの影響の受け方は、体の部位によって様々で、 眉毛や睫毛のように性ホルモンの影響をほとんど受けない毛も存在する(無性毛)。

主に、脱毛への要求が発生するのは、四肢の硬毛や腋毛のような部位の毛であろう。 若い女性の場合で男性のような硬毛が発生している場合、内分泌異常、代謝異常の可能性がある。 これは多毛症と呼ばれ、適切な治療により改善される場合もある。

関連キーワード
スポンサー