城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

レーザー脱毛のトラブル

レーザー脱毛で最も注意すべきなのは、熱傷(やけど)である。 適切な治療を行わなければ、跡が残ってしまうこともあるので注意したい。

日焼けした肌・色の黒い組織
レーザーは毛のメラニンとともに、表皮に含まれるメラニンにも吸収される。 このため、表皮のメラニンが多ければ、それだけ表皮の温度が上がりやすくなるということであり、 つまり熱傷を起こしやすくなる。その為、日焼けした場所や色素沈着の強い部位にレーザー照射は危険である。 水冷式の冷却装置が付いたダイオードレーザーは比較的メラニンの多い皮膚であっても対応できるとされるが、 医師の適切な判断が求められる。

皮膚表面にレーザーに反応する物質が付着している場合
日焼け止めクリームや化粧品の中に、レーザーと反応する物質が混入している可能性は否定できない。 現実に日焼け止めクリームにレーザーが反応して熱傷を起こしたというケースは報告されている。

レーザー出力が高すぎる、不安定である場合
レーザー装置によって適切な出力が決まっているが、誤って高くしすぎると熱傷を起こし、 低くしすぎると脱毛効果が十分でない。 使用機器のメンテナンスを怠れば、出力が不安定であったりすることも考えられるので注意が必要だ。

関連キーワード
スポンサー