城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

古代のインプラント

古代から存在したインプラント
 インプラントは新しい歯科治療とのイメージが強いが、 実は紀元前の昔から歯科治療としてのインプラントが試みられていたことが古代遺跡から発見されている。

 現在、人類の歴史上最も古いとされるインプラントは、トルコで発見された石製のインプラントで、 なんと紀元前550年頃のものだとされる。 ただし、このインプラントは、実際に歯の代わりとして機能出来ていたかは疑問で、 儀式などの為だけに使われていた可能性が高い。

 紀元600年頃には、メキシコ南東部で栄えた古代マヤ文明において真珠貝製の インプラントが使われていたことが分かっている。高度な建築技術や暦、 計算術を持っていたマヤ文明らしく、インプラントが生前に口腔内で機能していたことも遺跡 (写真)の調査によって判明しているようである。

 これが現在発見されている中で有効性が確認されている最古のインプラントとされている。 この他、インカ文明やアステカ文明でも古代インプラントが遺跡として発見されているようである。

 抜けた歯に変わって石や骨、貝殻などを埋め込むというのは、発想的には単純であり、 古代からインプラントが行われていても不思議ではないだろう。
しかし、麻酔もない時代に想像もつかないような痛みに耐えてまでインプラントを行おうとしたのは、 歯に対する何らかの信仰などがあったのかも知れない。

スポンサードリンク
関連キーワード

 

特集記事

国内最高峰の技術、
オランダヒルズインプラントセンター

国際的に認められた高い技術と審美性、予知性、機能性を兼ね備えたインプラント治療

グロース歯科論文集 ≪Gross Artikel≫
一般の人にも役立つ、審美歯科、インプラントなどの詳しい解説、ドクターの選び方

スポンサー