城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

近代インプラントの歴史

インプラント治療の発達
 近代になって、ステンレスやコバルトクロム、金、サファイヤなどを利用したインプラントが試みられたが、 これらの予後は悲惨なものであったと言われる。チタンとは異なり、骨結合が発生しないことが最大の原因と考えられる。 医療技術も全ての要素において現在よりはるかに遅れていたので、失敗した後の治療も困難だったのだろう。

 1952年にスウェーデンの医師ブローネマルクによるオッセオインテグレーション(骨結合)の発見から インプラントが実用的な治療技術として確立していく。 素材としてチタンが導入されるようになり、インプラントは極めて良好な成果をもたらすようになったのである。 生体に不活性であるチタンは、これまでの素材と異なり骨と直接結合する性質を持っている。

 1980年代になると日本でも歯科インプラントに対する取り組みが始まったが、 当初は人工サファイアを使ったインプラントが行われるなどトラブルも多かったようである。

 世界的な流れとしては、1988年のトロント会議で、世界中の著名なインプラントジスト(インプラントをする医師)が 集まってコンセンサスレポートを打ち出している。

 「5年85%、10年80%以上の生存」を成功の基準として認め、 世界的にチタン製のインプラントが開発・利用されるようになり、安全かつ予知性の高いインプラントの時代が到来した。 ※コンセンサスというのは、EBM(Evidence:根拠 Based:基づいた Medicine:医療)に基づいた報告であり、 一部の歯科医の経験のみの報告は除外されたものである。

 現在、インプラントの形状や表面の改良による性能の向上、骨質・骨量の不足を補う骨造成・骨移植の進歩、 歯科技工物の品質向上などによって、さらにインプラントの質は向上し、15年生存率90%以上ともいわれるまでになっている。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事

国内最高峰の技術、
オランダヒルズインプラントセンター

国際的に認められた高い技術と審美性、予知性、機能性を兼ね備えたインプラント治療

グロース歯科論文集 ≪Gross Artikel≫
一般の人にも役立つ、審美歯科、インプラントなどの詳しい解説、ドクターの選び方

スポンサー