城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

歯周病歯を失う原因

歯を失う原因
インプラントが必要となるのは自分の歯を失ってしまったか、手放した方が良いという状況の場合である。 8020運動などという目標が掲げられているが、親知らずを除いて28本ある歯のうち、70代で20本、 80代で24本が失われているというのが現実である。

歯を失う最大の原因と言われるのが歯周病である。歯茎の腫れ、出血、口臭を伴い、 次第に歯周ポケットが広がっていき最後には歯が抜け落ちてしまう病気である。 ここでは、その歯周病で歯の失われる過程をみてみよう。

歯周病
口の中を不潔な状態にしておくと、歯垢や歯石が溜まっていき、そこで細菌が増殖してしまう。 さらに、細菌はその毒素で歯肉に炎症を起こし、同時に歯槽骨を溶かしていく。

この状態を放置しておくと次第に歯を支えている骨が無くなってしまい、歯がぐらぐらし始める。 歯周ポケットが深くなると益々その内部の清掃が困難になって、細菌にとっては都合が良い環境となってしまう。

最終的には下図のような過程を経て、歯は抜け落ちてしまう。痛みはほとんど感じないので、 いつの間にか大変なことになっているところが怖い部分である。 糖尿病などの生活習慣病を悪化させることもあるという報告もなされている。

正常な歯と歯茎
歯周病が進行中
支持組織が減少
歯がグラグラして
もうすぐ抜けそう

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事

国内最高峰の技術、
オランダヒルズインプラントセンター

国際的に認められた高い技術と審美性、予知性、機能性を兼ね備えたインプラント治療

グロース歯科論文集 ≪Gross Artikel≫
一般の人にも役立つ、審美歯科、インプラントなどの詳しい解説、ドクターの選び方

スポンサー