城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

早期負荷・即時負荷インプラント
インプラント治療では、顎骨とインプラントが結合するまでの間、 インプラントに負荷がかからないようにする期間が必要とされてきた(下顎3ヶ月、上顎6ヶ月)。 しかし、その期間というものはインプラント開発初期の悪条件下(短いインプラント、未完成な術式)で設定されたもので、 長めに設定されていると考えられる。 実際には、骨量や骨質によっては早めにインプラントを挿入することが可能であるとの指摘がある。

早期負荷インプラントはインプラント挿入後8〜10週間以内に仮歯を入れることであり、 即時負荷インプラントは、48時間以内に仮歯を入れるものである。
患者にとっては、インプラント挿入後の非過重期間の不快さ、不便さから開放されるとともに、 通院回数や痛み、腫れなどの負担を軽減できるというメリットがある。

●即時負荷インプラントの必要条件
即時負荷インプラントでの必要条件には以下のようなものが指摘されている。

1、即時負荷インプラントは下顎無歯顎に対して行うことが勧めらる。
2、インプラント挿入時の強固な初期固定が認められる。
3、挿入後も失敗を未然に防ぐ為に共振周波数分析などで定期的に固定度のチェックを行う。
4、上部構造の精度の高い適合が重要。
5、患者に対するリスクの説明と患者の理解。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事

国内最高峰の技術、
オランダヒルズインプラントセンター

国際的に認められた高い技術と審美性、予知性、機能性を兼ね備えたインプラント治療

グロース歯科論文集 ≪Gross Artikel≫
一般の人にも役立つ、審美歯科、インプラントなどの詳しい解説、ドクターの選び方

スポンサー