城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

オステルでの診断

オステルは、共振周波数分析器といい、音叉の原理でインプラントの固定状態を分析する装置である。
従来から良く行われているのは、X線検査による画像診査であるが、これでインプラントの固定状態を把握するのには無理があった。 オステルは現在最も信頼できる評価法とされていて、インプラントのあらゆる過程において応用できるといわれる。

熟練した術者の場合、インプラント挿入時の固定状態を感覚で把握することができるようだが、 このオステルという装置を利用すると初期の状態からその後のインプラントの状態の経過まで把握することが可能になる。

早期負荷・即時負荷インプラントに対してもオステルは有効とされているが、 この方法が実際にどの程度有効であるかは慎重に検討する余地も残されているといわれる。

オステル(共振周波数分析器)とコンピューターをつなげて、インプラントの状態を解析する。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事

国内最高峰の技術、
オランダヒルズインプラントセンター

国際的に認められた高い技術と審美性、予知性、機能性を兼ね備えたインプラント治療

グロース歯科論文集 ≪Gross Artikel≫
一般の人にも役立つ、審美歯科、インプラントなどの詳しい解説、ドクターの選び方

スポンサー