城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

老眼とは?
老眼は、主に40代以降の年齢になって次第に水晶体の調整力が弱まってくることによって 遠くの焦点を合わせづらくなる老化現象である。 調整力が弱まるのは、水晶体が硬くなることと調整する筋肉の機能が低下することによるというのが通説である。

レーシックを行うと老眼がひどくなるというのは、勘違いで、遠くに焦点が合うようにしたために気づいていなかった 老眼が感じられるようになるということに過ぎない。 しかし実際、近くが見え辛くなるのは確かなことであるため、事前にそのことを知っておく必要がある。

老眼の治療は、確立されているとは言えないが、調整機能を持った人工レンズ、メスやレーザーでの白目部分の切開、 といった治療の可能性が言われている。しかし、現在のところ、安全性や有効性が確立されたとはいい難い。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー