城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

視力回復の選択肢
視力矯正の選択肢について各メリットとデメリットをまとめてみた。

メガネ
付け外しが容易で、眼球に直接かかるストレスも無い。ただし、視野が狭くなるとともにレンズの部位によってゆがみが生じてしまう。鼻と耳にかけているだけなので不安定。

コンタクトレンズ
角膜に直接乗せるので、見え方は自然であり、重篤な副作用もほぼ無い。個人差はあるが、異物感があったり、アレルギー、角膜の障害などの副作用もある。手入れが面倒というデメリットもあったが、使い捨てレンズなどの登場で改善されつつある。

レーシック・PRK
レーシックやPRKによる屈折矯正手術は、治療が上手くいけば、裸眼での視力を改善させられる。手入れが不要で、異物による角膜表面へのストレスも無い。ただし、術者の習熟度に依存しやすく、個人差によっても十分な視力の改善がなされないことがある。また、レーシックの場合、フラップが完全には元に戻らない為に、強い衝撃などによってトラブルを生じる可能性も否定できない。

オルソケラトロジー
夜間に角膜の形状を矯正するレンズを装着し、昼間の視力を向上させる治療。日中は裸眼で過ごすことができ、装着を止めれば元の状態に戻すことが出来るというのがメリットである。しかし、眼球、特に角膜に対する副作用も指摘されており、安全性・確実性について疑問視する声もある。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー