城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

レーシックの種類
レーシックを始めとする屈折矯正治療にもいろいろな術式が存在する。それぞれに長所や短所があり、術者やメーカーによってそれぞれの術式を生かした治療、技術開発が進んでいる。いくつかの術式を患者の眼の状態やニーズによって使い分ける施設も多い。

LASIK(レーシック)
もっとも代表的な治療がレーシックである。フラップと呼ばれる蓋のようなものを作って角膜の表面を切りはがし、角膜実質層と呼ばれる部分にレーザー照射するという方法。神経のある表面を削らないことで痛みが少なく、早期の視力向上を可能にした方法。

PRK(ピーアールケー)
レーシック以前から行われていた方法で、原理的にはほぼ同じだが、フラップを作成せずに表面からレーザーを照射する方法。フラップ作成に伴うリスクがないが、角膜表面が再生されるまでに時間がかかり、痛みもかなりある。

Wavefront LASIK(ウェーブフロントレーシック)
天体望遠鏡などに使われる技術を応用して、より高い精度でのレーザー照射を目指したものがウェーブフロントレーシックである。不正乱視などの人に向いているとされているが、理論上のメリットがどの程度確実に得られるかについては賛否が分かれる部分でもある。

Epi LASIK(エピレーシック)
マイクロケラトームではなく、エピケラトームという道具でフラップを作る点がレーシックと異なる。角膜表皮だけのフラップであるため、角膜の薄い人にも適応範囲が広がるとともに、マイクロケラトームに比べリスクが低く治療精度が向上すると言われている。ただし、既に導入しているところはまだ少なく、実際の有効性は不明な点も多い。

LASEK(ラゼック、レーゼック)
アルコールを使用して角膜上皮をふやかしたような状態にして、上皮のみのフラップを作成する方法。マイクロケラトームを使用するリスクが避けられるが、アルコールの使用によるデメリットも指摘されている。

イントラレーシック
レーザーでフラップを作ってしまおうというのがこの方法。やはりマイクロケラトームの使用に伴うリスクがなく機械任せで安心という面はあるが、完成度が不明で有効性には賛否が分かれる。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー