城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

PRK(ピーアールケー)
PRKは、レーシック以前から行われている屈折矯正手術で、以前は角膜表皮をメスで削り取ってからレーザー照射をしていたが、 現在では角膜表皮もレーザーで蒸散させる(PTK)との組み合わせで行われることがほとんどである。

レーシックのリスクファクターであるマイクロケラトームによるフラップ作成に伴うトラブルを心配する必要がないのが メリットである。フラップは簡単に剥がれるようなことはないが、完全にくっついてしまうということはないので、 眼に対する過度のストレスがかかるような職業・趣味(格闘技など)を持っている人にはPRKの方が向いていると言われる。

デメリットとしては、神経の多い角膜表皮を一時的に喪失してしまうので痛みが強く、 視力の回復にも時間がかかる(1〜2週間程度)。この期間は保護用コンタクトレンズをつける必要もある。

PTKにおける中心部の遠視化という問題もフレックススキャン方式(Nidek社)などにより改善がなされており、 治療結果もレーシックやその他の屈折矯正手術とほぼ同等と考えられる。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー