城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

エピレーシック(epilasik)

エピレーシックは、マイクロケラトームではなくエピケラトームという機器を用いて 角膜上皮のみの薄いフラップを作成して行うレーシックである。

マイクロケラトームでは、必要以上の厚さのフラップを作ってしまうため、角膜の強度が低下しやすく、 角膜厚が十分にある人でなければ治療が行えない。そのため、フラップを無駄なく薄くできるエピレーシックでは、 適応者の範囲が若干増えることが期待できる。

フラップの厚みという点ではLASEKとほぼ同様であるが、アルコールを使用しないため、 それに伴うリスク要因(正確性の低下など)が無い。ただし、マイクロケラトームがそうであるように エピケラトームも所詮は物理的な力でフラップを作る道具であるため、その正確性、有効性は100%と言えるも。 勿論、手作業を伴う以上、医師の経験や技術も影響する。

現時点では、実施している施設も少なく動向を見守る必要がある。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー