城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

LASEK = Laser Epithelial Keratomileusis

アルコールで眼の表面を浸し、角膜上皮のみを剥がしてレーザー照射する方法がLASEKである。 ラセック、ラゼック、レーゼックなど治療施設で読み方が違う。

エピレーシックと同様に、角膜上皮のみの薄いフラップができ、ケラトームの使用による眼球の吸引も必要ない点でメリットがある。 網膜等に異常がある人にケラトームの使用は危険である。薄いフラップでなおかつふやけた状態のものであるため、 医師の術式に対する習熟度や経験、センスが問われる。

アルコールでふやかすという点で、レーザー照射の精度に誤差が生じる可能性がある。 また、若干ながら角膜混濁などの報告もなされている。アルコール使用による長期的なリスクは不明。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー