城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

マイクロケラトーム
マイクロケラトームとは、レーシックにおいてレーザーを照射する前の段階で角膜表面にフラップを作成するための カンナのようなものである。

レーシックでフラップを作成するのは、痛みを感じる角膜上皮を削らずに痛みのない角膜実質層だけを削るようにしたいからである。 フラップを作成しないPRKの場合は、痛みが強く、視力の回復にも時間がかかる。

マイクロケラトームの使用は、安全性、正確性の両面でレーシックの課題の一つとなっている。

・フラップは術後もなくならないので強い衝撃でずれる可能性がある。
・フラップ作成時の吸引が強いので網膜などへの負担が大きい。
・マイクロケラトームでは厚めのフラップになるので、角膜の強度が落ちやすい。
・マイクロケラトームの精度自体が治療精度に追いつかない。

このような課題を解決すべく、エピレーシック、LASEK、イントラレーシックなどの術式が開発・検討されている。 PRKの場合は、フラップ作成に伴うリスクがない。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー