城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

スポンサードリンク
関連記事 フラップ
  • ...な視力の改善がなされないことがある。また、レーシックの場合、フラップが完全には元に戻らない為に、強い衝撃などによってトラブルを生...
  • ...トも指摘されている。 イントラレーシック レーザーでフラップを作ってしまおうというのがこの方法。やはりマイクロケラトーム...
  • ...プ作成に伴うトラブルを心配する必要がないのがメリットである。フラップは簡単に剥がれるようなことはないが、完全にくっついてしまうと...
  • ...優れた面ばかりが取り上げられているが、マイクロケラトームでのフラップ作成時、レーザー照射中の眼球の動き、術後の角膜の再生(一部)...
  • ...ラトームがそうであるようにエピケラトームも所詮は物理的な力でフラップを作る道具であるため、その正確性、有効性は100%と言えるも...
  • ...る。網膜等に異常がある人にケラトームの使用は危険である。薄いフラップでなおかつふやけた状態のものであるため、医師の術式に対する習...
  • ...しやすいなどの問題が指摘されている。 将来的にきれいに薄いフラップを作れるようになれば、利用価値が高まることが期待される。...
  • ...ピレーシック、LASEK、イントラレーシックなどの術式が開発・検討されている。PRKの場合は、フラップ作成に伴うリスクがない。 ...
  • ...つ治療であるから、痛みもあるし視力が出るのに時間もかかるが、フラップが存在しないので完全に安心である。このPRKを選択するのであ...
関連キーワード フラップ
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー