城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

スポンサードリンク
関連記事 角膜
  • ...像がぼやけてしまう。 通常、メガネやコンタクトレンズにより角膜での屈折率を調整することで、近視を矯正できますが、最近では、...
  • ...因で物が二重に見えたり、かすんで見えたりする眼の異常である。角膜だけでなく、水晶体、硝子体(眼の中身)、網膜などに原因がある...
  • ...遠視とは? 遠視は、近視とは反対に角膜のカーブが平坦か、眼球が短い為に焦点が網膜の後ろで合ってしまう屈折異常のことをいう。...
  • ...戻すことが出来るというのがメリットである。しかし、眼球、特に角膜に対する副作用も指摘されており、安全性・確実性について疑問視...
  • ...いる治療の代表だ。 レーシックをはじめとする屈折矯正治療は角膜の屈折率を外科的な手法(レーザーなど)で変化させて視力を矯正...
  • ... LASEK(ラゼック、レーゼック) アルコールを使用して角膜上皮をふやかしたような状態にして、上皮のみのフラップを作成す...
  • ...トームでのフラップ作成時、レーザー照射中の眼球の動き、術後の角膜の再生(一部)などによって理論値との誤差が生じる可能性があり...
  • ...ーザーと呼ばれる種類のレーザーである。レーシックは、熱による角膜の組織変性を起こすことなく精密な加工が可能というエキシマレー...
  • ...間に角膜の中央部を平坦化する専用のコンタクトレンズを装着し、角膜の形状に癖をつけることで屈折率を矯正する方法である。 20...
  • ...は、角膜の中央部を圧迫して形状を変化させるものであり、実際に角膜への障害が報告されている。 その他 未成年者、特に小...
関連キーワード 角膜
特集記事 特集記事

レーシックを受けたスポーツ選手。実は最近増えてきているんです。
中でも、現役で活躍している選手を紹介!

スポンサー