城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

チューメセント法(tumescent)

チューメセント法とは、鎮痛効果や脂肪細胞をふやかす効果を持つ溶液を吸引前に注入する方法で、最も一般的な方法である。

溶液は、エピネフリン(止血作用、麻酔効果増強)やリドカイン(局所麻酔剤)を大量の生理食塩水で希釈したものであり、これにより鎮痛効果と出血抑制効果を実現した。注入量は脂肪吸引予定量の1〜3倍が目安であり、注入後は皮下脂肪が固く膨張する。

1990年にチューメセント法が開発される以前は、出血量が非常に多く輸血を必要とする手術であったが、チューメセント法が確立されてからは輸血が必要となるケースは少なくなったようである。

現在では、チューメセント法をベースとして浅層脂肪吸引(Superficial liposuction)超音波脂肪吸引法が利用されるようになったが、これらを併用する場合でもチューメセント法が安全性と有効性を高めている。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ふぇミークリニックダイエット特集記事
スポンサー