城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射は、 ホスファチジル-コリン(Posphatidylcholine:PPC)と呼ばれる薬剤を使用する脂肪除去治療である。この薬剤は、もともとは高脂血症や脂肪肝などの治療薬として使用されていたものであるが、これを脂肪を減らしたい部位の皮膚内に注射することで皮下脂肪が減少するという。溶け出した脂肪は血中を経て尿や便として排出される。

皮下注射を利用した治療法はメソセラピー(Mesotherapy)と呼ばれ、ヨーロッパでは古くから行われていた治療である。近年になって脂肪溶解治療(Lipodissolve)としての利用に注目が集まり、米国やアジアなど世界的に広がりを見せている。

「メスを使わない脂肪吸引」という表現が用いられることが多いようだが、局部的に脂肪細胞を減少させるという点では同じであるが、脂肪吸引術とは原理や効果も全く異なるものである。
それぞれにメリットやデメリットがあり(脂肪吸引との比較)、どちらを選ぶかはそれぞれの価値観に委ねられる。

また、脂肪溶解に使われるホスファチジル-コリンが大豆レシチンの成分であるから安全だというような説明も見られるが、植物の成分だから安全ということにはならない。
薬の安全性は量や濃度で決まるものであって、それに対する検証があって始めて安全性が認められるものである。美容外科が使う大げさな宣伝文句は夢や希望を与えてくれるが、安易に鵜呑みにしない方が良いだろう。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ふぇミークリニックダイエット特集記事
スポンサー