城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

脂肪溶解注射のリスクと合併症

脂肪溶解注射の副作用

・内出血、腫れ、痛み
注射後数日から一週間は、内出血や腫れ、痛みがみられる。副作用の説明を聞いていない人なら心配になるかもしれないが、通常は1週間程度で軽快する。
この炎症作用を見ても分かるように、使用する薬剤は決して安易に取り扱われるべきものではなく、大量の使用は危険である。

・中長期的な副作用
中長期的な副作用についての指摘は特にないようであるが、特に日本人においては使用され始めて年数が浅いため、不明な部分が多い。

脂肪溶解注射の課題や注意点

・注入される成分
脂肪溶解注射で注入される薬剤の成分や混合比率などについて正確な規定は無く、医師によって異なるケースが多いようである。この治療に懐疑的な医師の意見としては、成分が明確でないことと、その医学的な根拠が少ないことが挙げられる。

・医師の問題
脂肪溶解注射が急速に注目されつつある中で、治療する側の知識レベルの問題が考えられる。注射という一見簡単にも見える治療であればこそ、安易な考えで治療に取り組む医師がいるかもしれない。もしかすると医師ではない者が取り扱うかもしれない。
やはり、専門的な知識や技術を習得した医師の元で治療を行わなくては、良い治療であっても良い結果は生まない。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ふぇミークリニックダイエット特集記事
スポンサー