城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

コラム&レポート

夏と言えば紫外線!ニキビ予防の為の紫外線対策法!

夏になると気になる紫外線。6月から8月にかけての紫外線量は冬の2倍にも3倍にもなる。特にニキビがある人、ニキビが出来やすい人は要注意。紫外線はニキビを増悪させる要因の一つなのである。

ニキビと紫外線
紫外線が肌の老化に大きく影響していることは知っている方が大半だろう。紫外線によって発生する活性酸素が皮膚の細胞、またDNA自体を攻撃し、肌の機能を低下させるのである。特に皮膚の弾力を維持するコラーゲンを作り出す線維芽細胞がダメージを受けると、肌のハリが無くなり、シワやたるみが目立ってくる。
さて、紫外線とニキビとの関係だが、一つには紫外線によって皮脂が酸化し過酸化脂質となり皮膚を傷つけたり、ビタミン類を破壊したり、皮膚呼吸を阻害したりして悪影響を与えるといわれている。また、過酸化脂質は粘りが強い為、毛穴を詰まらせやすく、これによって嫌気性のアクネ菌が繁殖しやすくなる。
さらに皮膚の機能低下によって角質の代謝がスムーズでなくなり、結果としてより毛穴を詰まらせてしまうことが考えられる。紫外線を浴びると皮膚がごわごわして、厚くなってしまい、ニキビが出来やすい環境を作ってしまうのである。

紫外線対策とニキビ予防
紫外線はなかなか手強い相手である。オゾン層の破壊が進んで紫外線量自体多くなって来ているのに加え、曇まで突き抜けることが出来る。曇りの日でも実に80%近い紫外線が地上に降り注いでいるのである。さすがに家の中にいれば安心だが、外であれば日陰でも50%程度の紫外線を浴びているという。
10時から16時くらいまでの日差しの強い時間はあまり外出をせず、出かけるときは日傘や帽子、日焼け止めクリームなどで対策をした方が良い。


また、皮脂の多い人は基本に忠実にこまめな洗顔と保湿、皮脂の少ない人も角質の新陳代謝を促進させる為のスキンケアを心がけよう。また、脂っこい食べ物や糖分の多い甘いものは皮脂量を増やすので控えめに。ビタミンやタンパク質をしっかり摂って、皮膚の抵抗力をつけ、中から守ることも忘れずにしたい。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー