城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

コラム&レポート

新しい光線療法リポート!クロモライトでにきび対策!!

ニキビの光線療法として、以前クリアタッチやクリアライトを取り上げたが、脱毛などでも使用されるパルスライトのニキビへの応用も注目されているようである。

クロモライト
今回、調査した治療機器はクロモライトというパルスライト。パルスライトはレーザーとは異なり、500〜1200nm程度の波長の幅を持っている光である。その為、様々な作用を同時に起こすことが特徴である。レーザーはこの逆で、一つの波長しかない為に、一つの作用のみを集中的に行なえるのが長所である。

クロモライトの短い波長は紫外線領域に近く、クリアタッチなどと同様に炎症にきびにおけるアクネ桿菌が出すポルフィリンという物質に反応して活性酸素を発生し、アクネ桿菌を殺菌する効果を持っている。光老化で低下した皮膚の機能を改善させる効用(シミやシワの改善も見られる)もあるために、にきびの原因の一つである角質の機能低下を改善させる点でも期待されるという。
これまでの光線療法と異なるのは、集光性に優れているため、炎症部分を集中的・直接的に治療する事ができるので確実な効果が得られやすいという。
とはいえ、実際にはにきびを撃退するのは容易ではなく、原因や症状に合わせてケミカルピーリングやホームケアを併用しながら、それぞれに合った対処が大切のようである。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー