城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

にきびとは?

にきびとは、毛包部分の炎症や化膿を伴う皮膚疾患として良く知られている。特に思春期に多く、治療が必要と考えられるケースも非常に多い。その反面、あまりに一般的な疾患である為に、「たかがニキビくらいで気にすることはない」「大人になれば治る」といった認識を持たれやすく、結果として治療が遅れてしまうことが多い。
多くの人が経験する軽度の症状であれば傷跡として残ることは少ないが、広範囲に広がり症状が長引いてしまう『にきび跡』としてクレーターのような瘢痕が残ってしまう。残ってしまった『にきび跡』を完全に消すことは難しく、そのような状態になる前に適切な治療を行うことが大切である。
にきびに限らず皮膚疾患は精神的な影響を受けやすいが、特に顔に出やすいにきびは精神的な負担になりやすい。にきびが大きなストレッサーとなって、さらに症状を悪化させてしまうこともあるから、早期の治療で悪循環に陥らないようにしたい。
思春期以降にも『にきび』になることは勿論ある。特に女性の場合は40歳くらいまで続くこともあり、このようなケースでは生活習慣の見直しや適切な治療が必要と考えられる。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー