城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

にきびの症状

面皰(めんぽう、コメド)
にきびの最も初期の症状である。毛穴に詰まった皮脂や角質が固まって毛穴が膨らんだ状態である。黄白色の塊の場合を「白にきび」、毛穴が開いて皮脂の塊の先端が黒くなったもの(汚れや酸化、メラニン)を「黒にきび」と呼んでいる。

炎症
面皰が大きくなると毛穴をほぼ塞いでしまうが、これによって嫌気性(酸素を嫌う)細菌であるアクネ桿菌の活動が活発になると炎症を引き起こすと考えられている。炎症が起きてくると毛穴付近が赤くなり、腫れていく。(赤色丘疹)


炎症が進むと膿が出来、真皮内に膿が溜まり大きく腫れていく(黄色いにきび)。重症な場合は、毛包が破裂して強い炎症を起こし痛みを伴うことがある。化膿が進み、膿が出ていくと一つのにきびが自然治癒することになる。

にきび跡
強い炎症を起こしたにきびは、瘢痕や色素沈着を残し見た目にもくぼみのようになってしまう。見た目は目立たなくても小さなしこりのように残ってしまうこともある。これは一種の傷跡であり、基本的に自然消滅することはない。ケミカルピーリングなどにより改善することはできる。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー