城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

にきび治療の種類

にきびの治療にはいろいろなものがある。

外用薬(塗り薬)
古くから脱脂剤、角質剥離剤としてイオウ剤が使用されている。近年では、抗炎症剤や抗生物質を含む外用薬を使用するのが一般的である。

内服薬(飲み薬)
ビタミンB2、B6、Cの内服が症状を改善させることがある。中程度から重度の症状の場合は、抗生物質の内服を併用することが多い。アクネ桿菌の活動を抑制し、炎症を鎮めるのが目的である。

ホルモン剤の使用
他の治療法で改善が困難な場合に、性ホルモン複合剤や抗アンドロゲン剤、低用量ピルを使用することがある。背中や胸の広範囲のにきび、月経前に悪化するにきびに対して有効性が高いと言われる。しかし、必ず効くというものではなく、副作用のリスクもある。

漢方療法
一部の漢方薬がにきびの改善に効果があると報告されている。副作用が少ないのが良い点である。抗生物質と併用することもある。

面皰圧出法
面皰を早期に改善する為に、毛穴の中にある皮脂の塊や膿などを押し出す方法である。自己流の方法でやると炎症を悪化させるだけになることもあり、熟練を要する方法である。

ケミカルピーリング
近年、にきびの治療で良く行われるようになってきた方法である。特に角質機能が低下している場合には有効と考えられる。ピーリングの種類によってはにきび跡の改善も期待できる。

レーザー治療、光線治療
アクネ桿菌などの細菌を光のエネルギーによって殺菌する治療機器が開発されている。クリアタッチ、フォトフェイシャルアクネスといったものである。今後、期待される分野である。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー