城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングは酸などの化学物質を皮膚に塗り皮膚表面を剥がし、その自然治癒によって皮膚の機能改善を図る治療である。にきびやにきび跡の改善の他、シミやシワ、肌質の改善を目的として使用される。ケミカルピーリングの効果としてよく『ベビースキンになる』という表現をされるように、自然治癒により再生した皮膚は、きめ細かさ、はり、潤いなど、様々な機能改善が期待される。

肌質の改善のためのピーリングは古代文明でも行われていたとの報告があるが、近代医療としてはドイツの皮膚科医 Unna がサリチル酸などの特性を研究し、19世紀に入って実践したのが始まりとされている。
その後、英国の皮膚科医 Mackee は、フェノール酸によるにきび痕の治療を行い 1952 年に報告した。 1960 年には、形成外科医 Baker がフェノール酸によるピーリングを確立し、米国では若返りの治療として注目されるようになったという。
その後、ケミカルピーリング以外にもレーザーピーリングやクリスタルピーリングなど様々なピーリング法が考案されてきている。 1990 年代後半には日本でもケミカルピーリングが行われるようになってきたが、深いピーリングについては日本人に副作用の報告もあり、慎重に治療を選択することが必要である。プライミングと呼ばれる前処理や術後のケアの徹底も副作用を避ける為には非常に重要である。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー