城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

にきび治療とピーリング

にきびやにきび痕の治療法には様々なものが存在するが、近年、皮膚科や美容外科で盛んに行われるようになったのがケミカルピーリングである。
にきびやにきび痕の治療としては有効性が高く評価されている一方、深いピーリングによる副作用やエステサロンでのトラブルが問題ともなってもいる。

にきび治療とピーリング
にきび治療としてのピーリングは、にきびの原因である毛穴の詰まりや脂性肌を改善することから得られる。特に、大人になってからのにきびは、角質の機能低下によって毛穴が詰まりやすくなっており、ケミカルピーリングによって角質のターンオーバーを正常化することで改善が見られることが多い。この場合、角質層のみの浅いピーリングを行うため、AHA(グリコール酸、フルーツ酸)が使用されることが多いようである。にきびの数や症状によって適切に治療法を選択、併用できるとより高い効果を引き出せると考えられる。

にきび痕の治療とピーリング
にきび痕の改善は痕が皮膚の深いところにまで達しているものほど改善が難しい。ケミカルピーリングでは、TCA(トリクロル酢酸)サリチル酸など、深めのピーリングが行われることが多い。この他、酸を使用しないクリスタルピーリング(マイクロダームアブレーション)やレーザーピーリングなどを選択する事もある。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー