城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎知識

TCAピーリング

TCAとはトリクロル酢酸のことであり、この酸は細胞を壊死させ皮膚や粘膜を腐食する性質を持っている。この性質を利用したのがTCAピーリングでにきび痕やシミ、くすみを改善することが可能である。皮膚の中でのコラーゲンの生成も活発にすると考えられ、シワや肌質の改善も期待される。

TCAピーリングの実際
TCAピーリングは濃度によって浅めのピーリングからかなり深いピーリングまで治療可能である。
通常、ピーリング後数日は皮膚が腫れて変色する。その後、10日程度の間に皮膚は剥がれ落ち、新しい皮膚と入れ替わる。この期間は紫外線を避け、化粧も出来ない。

TCAピーリングの副作用
東洋人にはTCAピーリングはあまり向かないと言われるのは副作用の可能性が指摘されているからである。最も起こりやすいのは色素沈着であるが、適切な治療で多くは改善されるといわれる。深いピーリング(ブルーピーリングと呼ばれるものなど)においては、瘢痕形成が最も怖い副作用である。そのため、国内では深いピーリングはあまり積極的でない医師が多い。

スポンサードリンク
関連キーワード
特集記事 ニキビ治療 特集記事
スポンサー